予算から考える | プロポーズや結婚式に贈るものは魅力的で目を惹くものにしたい

予算から考える

引き出物の価格の傾向としては、招待客とのお付き合いに応じて、それぞれに大体の一人分の価格を設定している事が多い様です。友人や会社の同僚などの場合には、3,000円から5,000円位、親族などの場合には、5,000円位から、会社の上司を招待した場合には、10,000円位からの予算で見ている事が多くなっています。 唯、地域の習慣によって、あるいは遠方から来る人たちの事を考慮するなど、それぞれの状況は異なります。お付き合いの内容などによっても価格に反映する様にしてみてください。

引き出物の変遷を見る場合、よくいわれるのが、結婚式のお礼として馬を贈る際に、その馬を引き出して見せた事に始まるという内容です。現在では、結婚式場が引き出物の手配などを実施するのは一般的な光景となっていますが、馬を引き出物として扱っていたのは、平安時代の遠い昔の事ですので、かなり様変わりした感があります。招待客に馬などを渡せる余裕があったのは、身分の高い人でしたので、現在見る様な引き出物については、かなり時代を経過して、戦後暫く経過してからの事になります。 戦後に経済的な成長が見られる中においては、結婚式を結婚式場で行う事も一般化し、引き出物についても式場が請け負う形式になっていきました。現在では、両家、あるいは新郎新婦が引き出物の中身を選択する事に加えて、カタログ形式で列席者が好きな品物を選択できる仕組みなども好評になっており、利用する人が増えている状況ともなっています。